葬儀場の蓮の花

TOP 葬儀場 葬儀場に飾られる供え物

葬儀場に飾られる供え物

葬儀場に飾られる供え物は、供花と同様、祭壇の脇に飾られることが一般的な形です。中身は地域によって特色がありますが、果物や缶詰などが多いようです。

籠の形、装飾されているリボンや花なども地域や業者によって異なりますから、寄贈する場合には式場の統一感も考慮し、遺族や葬儀社へ確認を取るのが望ましいでしょう。

小規模な葬儀を行う場合、大きなスタンド花などを連絡もせずに贈るのは、却って迷惑になってしまうこともあります。タイミングとしては、訃報の連絡を受けたときや遺族間で相談してから決める場合もあります。少々遅れても会場と日程が分かっていれば、贈る事は可能です。

スタッフのおもてなしが大事な葬儀

せっかく葬儀を行うのであれば、できるだけ故人を気持ちよく送り出したいと考える人が多いでしょう。葬儀を行ってくれる葬儀社は全国にたくさんあります。

しかし、そんな中でもスタッフのおもてなしが温かい葬儀社というのは、たくさんの人に選ばれる傾向にあります。

葬儀においては、亡くなった家族や自分達のために一生懸命頑張ってくれると、良かったと思える事でしょう。やはり、人生の中でも大事な場面となりますので、嫌な思いはしたくないと感じる事でしょう。

スタッフのおもてなしがどうかという事は、利用するまでわかりませんが、それでも評判などをチェックすると、きっと参考になる事もあるでしょう。

人生の終焉を見送る葬儀場

大切な人を失い、呆然と現実味がない親族や近親者が故人を生前の姿で見送れる最後の場所が葬儀場です。

必ずみんなが最後には通る葬儀場は決して薄暗くて怖く悲しいだけの場所ではなく、故人を想い安らかに旅たてるのを祈る場所です。人生には必ず別れがくるのは必然でその最後の場所となり亡くなったかたの生前の姿を見届け、別れをきちんと出来る事が1つの区切りになることでしょう。

遺骨を抱き抱えながら一緒に帰り、想いでの詰まった品とお供え物を一緒に供え、日々忘れる事なくいつまでも記憶することで、故人も安心する事でしょう。

葬儀場についての関連記事

失礼にならない様にしたい葬式で贈る線香

どんな事を考慮して葬式で贈る線香を選ばないといけないかという事についてですが、やはり失礼にならない様にする必要があります。

葬式で贈る線香は、注意すべきポイントがいくらかがあります。葬式ではどの様に線香を贈るかという事によって、失礼になってしまう事もありますので、気を付けないといけません。

葬式で贈る線香は、どの様な物を選ぶかという事も大事ですし、贈り方も注意しないといけません。

葬式で贈る線香については、贈る際にマナーが大事という事を頭に入れておきましょう。細かいマナーについては、普段から把握できれいればいいですが、難しい場合には、本番の前に調べる事もできるでしょう。

葬儀場での故人とのつながり

葬儀場と聞くと、暗いイメージが浮かびます。しかし、普段なかなか会う事の少ない親族の集う場所にもなります。故人との想い出を共有し合う事が出来ます。悲しみの感情ばかりではなく、故人を想う事で気持ちが温かくなります。

最近は、核家族化が進んでおり、自宅で葬儀をする事が少なくなりました。葬儀場は、私達にとってなくてはならない場所になっています。

暗い葬儀を好まない傾向もあります。生前、好きだった音楽を掛ける等のオプションも増えています。故人とのお別れの場所である事は言うまでもなく、故人を始め親族や周りの人達とのつながりを再確認出来る場所なのではないでしょうか。

バナー募集